妊婦専用!便秘スッキリ体操で便秘解消!

意外と知られていない妊娠期の便秘と姿勢の関係。
妊娠中はお腹が大きくなって姿勢が悪くなりがちです。その姿勢の悪さが便秘を引き起こしている可能性があります。
普段の姿勢を正しくすると、その便秘が楽になるかもしれません。
妊娠中の便秘を解消するための体操やストレッチを紹介します。

姿勢が悪いと便秘になるの?

なぜ姿勢が悪いと便秘になりやすくなるのでしょうか?
妊娠中に起こりやすい姿勢の悪さが引き起こす便秘の原因を知りましょう。

大きくなるお腹と骨盤の歪み

妊娠中期以降、お腹が大きくなってくるとバランスを取ろうとして背中を反りお腹を前に突き出した姿勢をとってしまいがちです。
しかしこの姿勢は背中と腰に大変負担がかかるだけでなく、ただでさえ骨盤が歪みやすい妊婦さんの骨盤を大きく歪ませてしまう原因となるのです。
骨盤が歪むことで内臓の位置もずれてきてしまうので消化器官の動きも悪くなり、便秘になりやすくなってしまうのです。

妊娠中の正しい姿勢とは?

正しい姿勢を保つことで、お腹の赤ちゃんが正しい位置を保ち骨盤がしっかりと赤ちゃんを支えることができ、全身の筋肉のバランスも保つことができるのです。
それでは、妊娠中はどのように正しい姿勢をすればいいのでしょう?
色々な場面での正しい姿勢の取り方を紹介します。

まずは、正しい立つ姿勢

まず、正しい立ち方を知りましょう。
壁を背に真っすぐに立ち、後頭部・両肩・背中・お尻の4点が壁に触れる姿勢。
これが正しい立つ姿勢です。
この姿勢を意識して動いてみましょう。徐々にこの姿勢を保つために必要な筋肉が発達し、骨盤も正しい位置に戻るため消化器官の働きも良くなり便秘解消につながります。

椅子や床への座るときの姿勢

椅子に座るときは、できるだけ深く座り、背筋を伸ばして座るようにしましょう。
足を組むと一時的に楽になりますが、骨盤が歪む原因となるのでなるべく足は組まずに座るように心がけましょう。
また、柔らかすぎるソファなどはお腹が圧迫されてしまうのでなるべく避けたほうがよいでしょう。
床に座るとき一番良い姿勢は正座ですが、お腹が大きくなっているとすぐに足が痺れてしまいます。そんな時はあぐらの姿勢で左右交互に膝を立てて座ると良いでしょう。
横座りやお尻をぺたんと付けて座る座り方は、骨盤を歪め腰痛の原因にもなるのでやめましょう。

便秘解消の体操とストレッチ

妊娠中でもできる軽い体操とストレッチで正しい姿勢で骨盤の歪みを改善しましょう。
軽い運動といっても無理をせず、お腹の張りや痛みがあるときには休みましょう。
どの運動も骨盤を正しい位置に戻し、腸に刺激を与える効果があります。

片足上げ体操

  1. 仰向けに寝転びます
  2. 片足を抱え込むように持ちます
  3. そのまま大きく深呼吸を10回ほどします
  4. 反対の足に変えて同じく深呼吸をします
  5. 左右交互に3セットほど行いましょう

腹筋が鍛えられ、腸の動きを活発にする効果があります。

フラフープ体操

  1. 足を少し広めに広げてまっすぐ立ちます
  2. 両手を腰に当てて、フラフープを回すような感じで腰をゆっくり大きく回します
  3. 左右5セットほど行いましょう

お腹全体を動かすことで、腸を刺激し動きを活発にする効果があります。

腰ひねり体操

  1. あぐらをかいて背筋を伸ばして座ります
  2. 両手を肩の高さに広げ、ゆっくり息を吐きながら上半身を無理のない角度まで腰をひねります
  3. 正面に戻ったら同じく息を吐きながら反対へひねります
  4. 交互に左右10回ほど行いましょう

腸への圧迫を緩め、腸を動きやすくする効果があります。

股関節のストレッチ

  1. 座った状態で、足の裏を合わせます。その時、なるべくかかとを手前に引き寄せましょう
  2. 大きく息を吸いながら背中をまっすぐに伸ばします
  3. 大きく息を吐きながら上半身を前に倒して10秒間その姿勢を保ちます
  4. 大きく息を吸いながら体をもとの位置に戻します
  5. これを5回ほど繰り返しましょう

股関節を柔らかくすることで腸への圧迫を和らげるだけでなく、安産対策にもつながります。

体の横を伸ばすストレッチ

  1. 足を大きく広げて座ります
  2. 右手を上に伸ばし左足のつま先をつかむイメージで体を横に倒します
  3.   ※その時に前かがみにならず横に倒すことを意識しましょう

  4. 気持ちのいい痛さのところで止めゆっくりと10秒間姿勢を保ちます
  5.   ※その時に息を止めずに大きくゆっくり腹式呼吸を意識しましょう

  6. ゆっくりと元の態勢に戻ります
  7. 続いて反対も同じように行います
  8. 左右3セットほど行いましょう

妊娠中なかなか伸ばすことのない体の横を伸ばすことで、筋肉がほぐれ血行が良くなります。腰痛予防にもつながります。

正しい姿勢で、便秘解消&安産対策を!

正しい姿勢を保つことは便秘解消だけでなく、妊娠中の腰痛予防や足がつるなどのマイナートラブルを緩和させることが出来たり、骨盤を正しく戻すことで赤ちゃんをしっかり支え、安産にもつながります。
しかし、自分の体調とよく相談しながら無理のない強さ・回数を行うことが大切です。

ただ、どうしても辛いときは、妊娠中の妊婦さんはオリゴ糖サプリで便秘解消する方法も手です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

数十年前までは妊婦はオリゴ糖サプリで便秘解消できなかった

妊婦の救世主!便秘を撃退ヨーグルトパワー!!

NO IMAGE

それほど先ではない将来に母親になりたいと言うなら…。

NO IMAGE

オリゴ糖サプリを選択する際の要点としては…。

NO IMAGE

今日現在自然にスッキリ中の女性も…。

妊婦の便秘は運動で解消する!健康美人のママになりましょう!