妊婦の大きな悩みは便秘!便秘解消のお助け薬マグミットの効果と注意点

妊娠すると便秘になる人が多いですね。ホルモンの変化やストレスなどが原因となり、便秘で悩んでいる妊婦さんにぜひ読んでいただきたいです。3~5日便が出なく辛いときの参考にどうぞ。

妊娠と便秘

妊娠前は便秘の悩みがなかった人も、妊娠を機に便秘になってしまって辛いと感じている人は多いのではないでしょうか。

どうして妊娠をすると便秘になってしまうのでしょうか。
便秘の原因を理解した上で、便秘に効果的な解消方法を見ていきましょう!

便秘になってしまう5つの原因

便秘になってしまう理由は主に5つあります。
順に見ていきましょう。

ホルモンの影響

妊娠をすると、腸の動きを弱めてしまうホルモンが出てきてしまいます。
プロゲステロンといい、このホルモンは眠気の原因にもなっているのですが、腸の動きが悪くなってしまい、便が溜まってしまって便秘に繋がってしまうようです。

水分不足と食の変化

つわりの時期はどうしても食生活が崩れてしまい、栄養もバランスが悪くなってしまいますね。
すると、食物繊維や水分が不足して、便が硬くなってしまい便秘に繋がってしまいます。
ホルモンの影響でも、体内に水分を蓄えようとするので、便にまで水分が行き渡らない状態になってしまい、便が硬くなってしまいます。
なので、水分が足りていないと、便秘になりやすくなってしまうので注意が必要です。

子宮に腸が圧迫されてしまう

赤ちゃんが大きくなるにつれて、胃や腸などの消化器官が圧迫されてしまいます。
腸が圧迫されてしまうと、便通が悪くなってしまい、便秘になってしまうのですが、週数が進むにつれてひどくなることが多いようです。

運動不足

妊娠すると運動不足になってしまいがちですが、適度な運動は腸を活性化させる働きがあり、運動が足りないと便秘になってしまうこともあります。
適度な運動は、便秘だけではなく様々なメリットがあるので、妊娠中は心掛けたいですね。
体重管理や、むくみの解消、筋肉の低下を防ぐことなど様々な効果が得られます!
ちょっとお散歩をするだけでもだいぶ違うので、無理をしない程度に適度な運動を取り入れていきましょう。

疲れやストレスからくる便秘

妊娠すると初めてのことばかりで、ストレスもたまりやすいですね。出産への不安や、思うように身体が動かないもどかしさなど、ストレスは様々な場所から生れてしまいます。身体的・精神的にストレスがかかってしまうと、自律神経に影響が出て腸の働きを悪くしてしまい便秘に繋がってしまいます。
妊娠中はストレス解消を心掛け、リラックスできる時間や好きなことをする時間をとるようにしてみてくださいね◎

便秘の解消方法

まずは、原因となってしまうことを取り除けるように、生活の中で改善していきましょう。
腸を活性化させるために、適度な運動や身体を温めることや、生活リズムを整えること、水分補給をこまめにすること、リラックスして心と身体を休めることなどを心掛けます。
それでも便秘が解消されず、辛いときは、産婦人科を受診し先生に相談してみましょう。
3~5日ほど便が出ない場合は、我慢せず病院を受診することをおすすめします。

病院で処方されることが多いのは、マグミットという酸化マグネシウムを主成分とした薬です。
妊娠中の便秘はお腹の張りに繋がってしまうなど、マイナートラブルを引き起こす原因になってしまうので、我慢せず薬に頼ることも必要な場合があります。

しかし、妊娠中の薬の服用と聞くと胎児への影響や副作用が心配になってきますよね。
次は、マグミットの効果と注意点について見ていきましょう。

マグミット錠とは

「酸化マグネシウム」が主成分となった薬です。
産婦人科で処方されることが多く、安全性が高いと言われています。

酸化マグネシウムは、あまり身体に吸収されずに、腸まで届いて腸の水分を増やし、便をやわらかくしてくれる効果があります。
便秘以外にも、胃粘膜の保護作用もあり、胃の調子が良くない人にも効果があるようです。

刺激も少なく、肝機能に障害がある人以外にはほとんど副作用がでる心配もないので、安全性が高いと言われているようです。
もちろん胎児への影響も用法容量を守れば害はありません。

しかし妊娠中は、身体が敏感になっていることや、体質が変わっていることもあるので、医師の診断を受けて薬を処方してもらうようにしましょう。

マグミットの注意点

安全性が高く、副作用も心配ないマグミットですが、注意点が1つだけあります。
それは、マグミットの長期服用です。
薬に頼り続けてしまうと、排便機能が低下してしまい、自力で排便することが難しくなってしまいます。
妊娠中マグミットに頼り続けてしまった結果、産後マグミットの服用をやめるとまた便秘体質に逆戻りなんてことを防ぐために、マグミットを服用する際に気を付けたいことを見ていきましょう。

薬を服用中も生活改善を心掛ける

薬で便が出やすくなっていても、腸内環境が改善されたわけではありません。
便を出やすくするための手助けをしてもらっているだけで、腸内環境の改善をしていかなければ、便秘の解消とは言えないのです。
なので、薬で手助けをしてもらいながらも、適度な運動や、水分補給、バランスのいい食事を心掛けるなどして、腸内環境を整えていきましょう。

食べ物からも酸化マグネシウムを摂取することができるのでいくつかご紹介しますね。

  • アーモンド
  • 豆腐
  • 魚類
  • バナナ
  • ごま

これらの食品は酸化マグネシウムを多く含んでいて、食べやすいものなので、食生活に取り入れてみましょう。

便秘が落ち着いたら服用を減らしていく

排便機能の低下に繋がらないよう、なるべく自分の力で自然に排便できるようマグミットの服用だけに頼らないようにしましょう。
便秘が落ち着き始めたら、少しずつ減らし、やめるようにしましょう。
やめてしまってまた便秘がひどくなるようならまたマグミットを飲んでみるようにして、マグミットの長期服用は避けましょう。

手助け程度に考え、腸内環境を整えることに重点を置き、辛いときだけの飲むようにするのが大切です。
無理をせず、辛いときはお助け薬マグミット!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
妊娠中の便秘には酸化マグネシウムがとても効果的なので、食べ物やマグミットなどの薬で便を出やすくする手助けをしてもらいましょう。
服用は、市販の薬ではなく医師の処方で服用してくださいね。
用法容量をきちんと守り、長期化しないように上手に服用して、生活改善と一緒に服用することで、腸内環境と整えながら、便秘改善をしていってください◎
腸内環境を薬に頼らず整えるなら、妊娠中の妊婦は便秘薬ダメなのでオリゴ糖サプリでの解消法がおすすめです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

合成ラフィノース・フラクトオリゴ・乳果オリゴのお値段はかなり低価であるため…。

NO IMAGE

人は産後のストレスで便秘を溜めないわけにはいかないでしょう…。

ちょっと待って!妊娠中の便秘薬、妊婦が服用しても大丈夫?

【便秘解消】妊婦さんの辛い便秘に効果的な漢方薬【体質改善】

妊婦が飲んでもいい下剤・ダメな下剤

NO IMAGE

目の障害の矯正と深い関係性を備えるオリゴ糖成分のラフィノース・フラクトオリゴ・乳...