妊婦の便秘に効果的な酸化マグネシウムの効果と効能とは?

妊娠中の大きな悩み、便秘を解消する方法と、効果的な酸化マグネシウムについてまとめました。便秘は様々なトラブルの原因になってしまうので、少しでも早く解消したい悩みですよね。酸化マグネシウムの効果を知って正しく飲むことで、便秘を楽にしましょう。

妊娠中は便秘になりやすい?

妊娠中は、黄体ホルモンの影響や、大きくなった子宮に臓器が圧迫されてしまうことなどが原因となって便秘になる女性が多いと言われています。

妊娠中の便秘のほとんどが弛緩性便秘と言って、食物繊維の不足や、運動不足、腹筋力の低下などが原因でうさぎの便のような黒くてコロコロした状態になってしまうのが特徴です。
便秘になると、ガスが溜まってお腹が張ってしまう、肌荒れを引き起こしてしまうなど、他のトラブルにもつながってしまうので、なるべく改善したいですよね。

ストレスなども便秘の原因になってしまうので、妊娠中はリラックスすることがとても大切です。
では、便秘改善にはどのような方法があるのでしょうか。

生活の中での改善

自分で便秘改善のためにできることは、生活習慣の見直しや食事のバランス、ストレスの軽減などがあります。

  • お風呂でしっかり身体を温めることで、腸を活性化させる
  • 早寝早起きをする
  • 水分をしっかりとる
  • 海藻類やこんにゃく、食物繊維はもちろん、ビタミンやミネラルなども意識して摂取してみる
  • 軽い運動をする
  • リフレッシュ、リラックスできる時間を作る

など、生活の中で便秘改善に繋がることはたくさんあります。
これらは、便秘以外にも妊娠中の身体にとても優しいことばかりなので、便秘をきっかけに生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

便秘とストレスは妊娠中の敵です!
適度な運動やリラックスして休む時間、食事に気を付けて楽しいマタニティライフを送りましょう。

薬物療法

生活の中での改善策を試してみてもなかなか便秘が治らない場合は、妊婦検診などで病院に相談してみるのもいいでしょう。
その際、酸化マグネシウムなどの塩類下剤というものから治療が始められることが多いです。
酸化マグネシウムは、あまり体に吸収されず、習慣性も少ないので妊婦さんにはおすすめです。

酸化マグネシウムの効果と副作用は?

酸化マグネシウムは、腸に水分を増やして便をやわらかくしてくれる効果があります。
飲む前に体内に残っている便には効果があまりないようです。
酸化マグネシウムの効果は1~3日ほどかかると言われています。

妊娠中は、便秘薬や浣腸剤などは医師の判断がない限り使わないほうが安全です。
酸化マグネシウムであれば、腸のへの刺激も弱く、摂取量をきちんと守れば副作用の心配も少ないので、妊娠中の下剤として多く使われています。

常習性がないので、「酸化マグネシウムがないと便がでない」なんてことにもならないので、便秘が改善されたら飲むのをやめても大丈夫なようです。
便秘になったときだけの服用でいいので、安心ですね。

摂取量を守れば胎児への影響も心配が少ないので、用法容量をきちんと守って服用すれば、とても安全性が高く、飲みやすいお薬と言えるでしょう。

強い骨を作ってくれるカルシウムなどと同じ効果もあるので、便秘のほかにも身体に優しい効果が得られますよ◎

酸化マグネシウムは市販のものでもいいの?

薬局やドラックストアなどで、酸化マグネシウム便秘薬として、酸化マグネシウムは販売されていますが、妊娠中は妊婦検診のときなどに病院で処方してもらうことをおすすめします。

なぜかというと、酸化マグネシウムは刺激も少なく安全性が高いといっても、摂取量によっては安全と言い切れないからです。
また、腎機能に障害がある人は体内にマグネシウムを蓄積させてしまう危険性などもあるので、医師の診断を受けてからお薬を処方してもらって使用するのが一番安全です。

病院に行ってお薬を処方してもらうのは、ドラックストアで買うより手間や時間がかかってしまいますが、妊娠中は身体の変化や胎児への影響を自分で判断するのは難しいので、きちんと産婦人科などで相談してから服用を始めましょう。

自分でも酸化マグネシウムは摂取できる?

マグネシウムやミネラルは体内で作られることはないので、普段の食事などから意識して摂取していくと便秘改善に繋がります。

酸化マグネシウムは刺激が弱く身体に優しいですが、即効性がないので長い時間をかけて摂取していく必要があります。

  • アーモンド
  • 豆腐
  • 魚類
  • バナナ
  • ごま

などにはマグネシウムが多く含まれているので、日ごろから食べるように心がけてみましょう!

マグネシウムの効果は便秘改善だけではなく、カルシウムと同じような効果も発揮してくれるので、ストレスによる便秘にも効果があるようです。
様々なトラブルへ繋がってしまう便秘ですが、便秘改善は様々な身体の調子を整えることに繋がるので、いろいろな方法を試して身体を元気にしてあげましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
普段の生活の中で便秘改善を心掛けてもなかなか効果が出ず、困っている人は多いと思います。
私も妊娠中の便秘にはとても悩まされました。
便秘はとてもつらいので我慢はせず、医師に相談してみてくださいね。
酸化マグネシウムを日ごろから摂取することを心掛け、少しでも便秘の改善に努め素敵なマタニティライフにしてくださいね。
ちなみに、酸化マグネシウムも含め、妊婦さんが飲んでいい便秘薬をまとめましたので参考にしてみてくださいね。
【後悔しない】妊婦の便秘解消法|妊娠中オリゴ糖サプリがおすすめな理由

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

人は産後のストレスで便秘を溜めないわけにはいかないでしょう…。

妊婦が飲んでもいい下剤・ダメな下剤

NO IMAGE

合成ラフィノース・フラクトオリゴ・乳果オリゴのお値段はかなり低価であるため…。

NO IMAGE

目の障害の矯正と深い関係性を備えるオリゴ糖成分のラフィノース・フラクトオリゴ・乳...

妊婦の大きな悩みは便秘!便秘解消のお助け薬マグミットの効果と注意点

ちょっと待って!妊娠中の便秘薬、妊婦が服用しても大丈夫?