【恥ずかしくて言えない】妊婦が便秘で痔!?妊娠中に家でできる対処法

妊娠中のマイナートラブルでよくある便秘は、お腹が痛いや重い、気分が悪い、腰が痛くなる、体重管理を頑張りたいのに体重が増えてしまう・・・などなど、妊婦さんにとって、一日でもはやく改善したいつらい症状です。実はその便秘が原因で「痔」にもなってしまうことがあるのはご存知ですか?

楽しいマタニティライフを過ごしていたのにある日突然「お尻から血が出た!」とビックリしてしまう痔の悩みは、妊娠出産で半分近くの人は痔の経験があると言われるほど多い隠れたマイナートラブルです。

また女性にとって痔は恥ずかしいと思ってしまうので、治療せずに放置してしまうことが多く悪化することもあります。

そこで今回は、妊娠中に便秘で痔になりやすい理由や「いぼ痔」と「切れ痔」の治療法、おうちで簡単にできる便秘改善の方法や痔の対処法などをまとめました。

妊婦さんが便秘になるのはどうしてなのか?

妊娠中に便秘になりやすい原因は・・・

妊娠したら分泌される黄体ホルモンの影響で腸のぜん動運動が減ってしまい便秘になりやすくなってしまうこと。

子宮が大きくなるにつれ、大きくなってきた子宮によって腸が圧迫されることで腸の動きが抑制されること。

黄体ホルモンの影響で精神的なバランスが崩れやすくなることで、腸の働きが抑えられること。

妊娠前に比べて運動量が減ってしまいがちなこと。

主に上記の原因で便秘になりやすいといわれています。

妊婦さんが便秘になることで痔になってしまうのはどうしてなのか?

便秘になると便がカチコチに硬くなってしまうため、便を出すときにどうしても力んでしまいます。硬いカチカチの便を無理やり出そうとするため、肛門に圧力がかかり、肛門に傷がついてしまったり肛門がうっ血してイボができてしまうことで痔を引き起こしてしまう可能性が高まります。

また、痔になってしまったら便を出すときに、人によっては涙がでるくらいの激しい痛みが感じるため、せっかく便意を感じても便を極力我慢してしまうかたがいます。
我慢することで腸内でさらに便がカチコチに硬くなり、出にくくなることで次に便を出すときに以前よりももっと力まないといけなくなってしまい、痔がますます悪化しやすくなります。

妊婦が痔になりやすいと言われる便秘以外の原因

実は妊婦さんの痔の原因は、上記の便秘になる理由と同じなんです。
胎児の成長とともにぐんぐん子宮が大きくなるため、大きくなった子宮に周りの腸や肛門が圧迫されることで血流が悪くなり、うっ血してしまうからです。

さらに、妊娠中はおなかにいる赤ちゃんに負担をかけないようにと、普段よりも運動不足になりがちなので血行不良が原因になって痔を引き起こします。

つまり、便秘になってしまうから痔になるのではなく、妊娠中の体は痔や便秘になりやすいので痔になることで便意を我慢して便秘になったり、便秘になることで排便時にうっ血した肛門が切れたりイボが出来て痔になってしまうというような密接した関係なのです。

痔の種類

痔とは、肛門や肛門周辺に起こる病気のことです。
痔には、主に3種類あり、肛門の皮膚が切れる「きれ痔(裂肛)」、いぼ状のはれができる「いぼ痔(痔核)」肛門に膿のトンネルができる「痔ろう」です。

妊娠中に多く見られる痔の種類は、いぼ痔と切れ痔です。

【いぼ痔】

肛門にいぼ状の腫れ物ができる事をいぼ痔と言います。
妊娠中に多いのは外に出る外痔核(がいじかく)で、指で硬いしこりを触れることが出来て痛みを伴う場合があります。

いぼ痔の原因は、妊娠中は赤ちゃんの成長と共に子宮が大きくなるため、子宮の周囲の血管を圧迫してしまうことで血液の流れが悪くなり、血管の一部がしこりとなっていぼ痔になりやすくなるといわれています。

【切れ痔】

痛みを伴うことが多く、拭いたトイレットペーパーに血が付着していることで気づく人がいるのが切れ痔です。肛門周辺の粘膜が傷ついてしまったり、肛門が切れてしまうことでなってしまいます。

切れ痔の原因は、便秘が原因で太くカチカチに硬くなった便の排泄や、下痢によって無理に便が通過した為に、肛門の出口付近が切れてしまうことで起こる事が多く、出血と激しい痛みで切れ痔に気がつきます。

痔になる前の便秘対策を心がけましょう

妊娠中の便秘対策にお家で簡単にできるものを紹介します。
それは・・・「朝起きて40~50度の白湯を10分くらいかけてゆっくり飲む」だけです。
簡単でしょ?ですが、とっても効果があるんですよ。

40~50度の温かい白湯は身体を温めて、血液循環を促すので、老廃物の排出やお通じの改善効果、尿量がアップし余分な水分を排出などがあり、代謝をアップさせます。
また食事の時には内臓を温めるので消化促進の効果があります。

つまり・・・

お通じの改善=便秘の改善
血液循環を促す=痔の改善
老廃物の排出や代謝アップ、消化促進=体重管理に最適
尿量がアップし余分な水分を排出=むくみ改善

・・・と、妊婦さんにピッタリの効果があります。
しかも、白湯は水なのでカロリーゼロ!手間もお金もかかりません。

是非朝イチの白湯や食事の時の水分補給に白湯をお試しください。

妊娠中のいぼ痔・切れ痔を予防するには?

【トイレを我慢しない】

我慢しすぎると次第に便が腸に溜まりカチカチに固くなって便秘になってしまったり、便意を感じにくくなってしまうのでトイレは我慢しないようにしてください。

【疲れやストレスを溜めない】

ストレスと胃や腸などの消化器管は深く関係しています。「イライラ」などの精神的ストレスや疲れは、血行が悪くなってしまうため便秘の原因になります。
妊婦さんは疲れやすいのでこまめに休憩したり、リラックスして過ごすようにしてください。

【立ちっぱなし、座りっぱなしをしない】

長い時間同じ体勢でいると、お尻がうっ血して悪化してしまうため、長時間座らないようにこまめに体を動かすことを心がけてください。長時間になりそうな場合はドーナツクッションに座るとうっ血しにくくなるのでおすすめです。

【下半身を温め血行を良くする】

冷えは痔以外にも便秘にもつながりやすいので、出来るだけ体を温めることを心がけ、肛門周りの血流を良くすることを心がけてください。
毎日のお風呂はシャワーではなくお風呂に浸かることをおすすめです。
また、寒い時期のトイレは便座の暖房機能をオンにするか便座カバーをすることで便秘の予防に効果がありますよ。

そして、肛門周辺を清潔に保つことはとても大切なので、毎日丁寧に洗い、トイレでは水流は弱にして刺激を弱くしたウォシュレットを使用してみてください。

最後に

いかがでしたか?妊娠中の体の変化で便秘や痔になってしまうのはなかなか高い確率なので、早いうちから体質の改善での便秘対策をおすすめします。

しかし、自分で対処しても改善しない場合や、症状がひどい場合は恥ずかしくなかなか言い出しにくいかもしれませんが、妊婦さんの便秘や痔は産婦人科の先生や助産師さんにとっては珍しいことではないので相談してみてください。適切なお薬を処方してくれるので、早めの対処を心掛けてくださいね。
妊娠中の妊婦の便秘解消法はオリゴ糖サプリ!も併せて参考にしてください。

出産までに痔が治らなかった場合は、「痔になってしまっているので出産時に悪化しないように対処して欲しい」と出産時の担当助産師さんに伝えるかバースプランに書いておくと痔が飛び出さないように肛門を抑えていてくれますよ。恥ずかしがらずに伝えてみてくださいね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【腰痛改善で便秘改善!?】妊婦さんの腰痛の原因は便秘かも!?

妊婦さんは便秘を解消して、すっきりマタニティライフ!

妊婦さんのお腹の張りは便秘?それとも病気?その対処法はこれだ!

妊娠中の便秘は腹痛になりやすい?

妊婦の便秘って何日続くとヤバい?疑問にお答えします

妊婦が便秘になったら病院へ行くべき??