妊婦さん、便秘による体重増加は危険です!その解消法はこちら!

妊婦さんにとって便秘は、妊娠中の悩みの中でも上位を占めるほど多いです。
この便秘がひどくなると、体重が増加して思いもかけないトラブルが発生することがあります。
そこで、今回は、「妊婦さんの便秘による体重増加が体に与える影響と対策」についてまとめてみました。

妊婦さんの体重管理はとても重要です。

妊娠してつわりの時期が過ぎると、食欲が増してくる方も多いと思います。
しかし、「食事がおいしくてついつい食べ過ぎてしまった」という事が重なると体重が増加していきます。
実は、この体重増加があまりにも大きい場合、体に負荷がかかり、お母さんだけでなく赤ちゃんへのいろいろなトラブルの原因になることがわかっています。
ですから、妊娠中の体重管理をすることは、お母さんや赤ちゃんの健康を保つために重要なのです。

妊婦さんの体重増加の理想な範囲は?

一般的に、妊娠中の体重増加量の目安は、7~10㎏と言われています。
これは、赤ちゃんと羊水などを合わせた5㎏と、大きくなった子宮や乳房、増えた血液などの重さ約3㎏を合わせた数値です。
しかし、妊娠前の体格の違いなど個人差がありますので、現在では「BМI値による体格別の推奨体重増加量」が用いられています。

その計算式と理想の体重を上げますと、
BМI値=妊娠前の体重÷(身長m×身長m)
BМI値18.5未満(やせ):9~12㎏
    18.5~25.0未満(普通):7~12㎏
    25.0以上(肥満)個別対応
となります。

妊婦さんの太りすぎのデメリットは?

妊娠中の太りすぎでもっとも警戒しなければならないもののひとつに「妊娠高血圧症候群」があります。
以前は「妊娠中毒症」と呼ばれていた妊婦さんの病気です。
妊娠により血管への負荷がかかるために起こり、特に高齢出産の場合は要注意です。
その他、妊娠したことで起こる妊娠糖尿病や腰痛、静脈瘤なども発症する場合があります。

妊婦さんの妊婦の便秘が体重増加につながるわけは?

妊娠すると、女性ホルモン(プロゲステロン)が着床した受精卵を大切に成長させるためにいろいろな働きをします。
その作用は、消化器官の運動抑制や筋肉の収縮抑制、皮下脂肪の蓄積、水分の吸収力UP、循環血液量の上昇などがあります。

この中で、消化器官の運動抑制や筋肉の収縮抑制と水分の吸収力アップが便秘に関係します。

腸は、ぜんどう運動によって栄養や水分の吸収や排便をおこなっていますが、消化器官の運動力が低下するため、ぜんどう運動が鈍くなり便秘がおこりやすくなります。
また、水分の吸収力がアップすることで、便に水分がなくなり硬くなって便秘になりやすくなります。

一方、体重増加は、水分の吸収力がアップするために通常と同じものを食べても体重が増えます。
また、皮下脂肪を蓄えようとする力が働き、そこに赤ちゃんへの栄養分や出産時の出血にむけて循環血液量も増えるため体重が増えます。
このように、妊婦さんの体は、赤ちゃんを育てるために多くの栄養を吸収するようにできていて、自然と体重が増加するような仕組みとなっているのです。

このような妊婦さんの体のメカニズムの中でひどい便秘になると、腸内環境が悪くなり悪玉菌が増殖し始めます。
そのため、長い時間便が腸内に留まり便は腐敗して、その腐敗物から有毒なガスが発生し体内に流れて行きます。
そして、腸は、本来の消化物から栄養と水分を吸収して不要な物を排出すると言う機能が低下して代謝が下がります。
そのため、エネルギーを作り燃やす力も衰え体重が増えるのです。

妊婦さんの便秘による体重増加に伴う症状は?

妊娠中の便秘が続くと、体重増加だけでなく腹痛やお腹やお尻の不快感だけでなくその他の様々な症状を引き起こします。
その代表的な症状に、ニキビや吹き出物などの肌荒れや冷え性、胸やけ、痔などがあります。
これらは、血液中に腸で発生した毒素やガスが胃を圧迫すること、また、便秘による硬くなった便が原因となっています。
そして、ひどい場合は吐き気や嘔吐をする場合があります。

妊娠中の便秘による体重増加の赤ちゃんへの影響は?

妊娠中に便秘により体重が増えすぎると、母体へのリスクが上がるだけでなく、お腹の赤ちゃんへも影響を及ぼします。
ここでは、特に「妊娠高血圧症候群」と「妊娠糖尿病」になった場合をご紹介いたします。

お母さんが「妊娠高血圧症候群」になった場合

妊娠高血圧症候群の2大症状は、高血圧とたんぱく尿です。
このような症状が出た場合、お母さんの体はもちろんですが、もっとも警戒しなければならないのが赤ちゃんの発育状態です。
妊娠高血圧症候群になると、母体の血液の流れが悪くなり、胎盤を通じて酸素や栄養が赤ちゃんまでいかず、発育遅延や羊水過少を引き起こすことがあります。
また、お母さんの体にも影響がでて、肝機能障害を始め常位胎盤早期剥離や早産の原因にもなります。

お母さんが「妊娠糖尿病」になった場合

妊娠糖尿病になった場合、母体の血糖値が高くなるため、お腹の赤ちゃんも高血糖になりやすく太り気味になります。
また、お腹の赤ちゃんが体重4キロを超える「巨大児」になると難産の原因につながります。
そして、重症になると、赤ちゃんの命にも影響を及ぼし生まれた子にも糖代謝異常の心配が出てきます。
近年、出産後のお母さんに糖尿病予備軍の可能性が高いことがいわれており、これは大きな問題となっています。

妊娠中の便秘による体重増加を防ぐには?

妊娠中の便秘による体重増加を防ぐためには、腸内環境を改善することや、体力をつけるなど様々な方法があります。
ここでは、ダイエット、食事や運動、ツボやサプリ、お茶、生活習慣の改善などのポイントから対策をご紹介いたします。

妊娠中の便秘による体重増加の対処法;効果的なダイエットは?

もし、妊娠中にかなりの体重増加がみられた場合は、ダイエットも選択肢のひとつです。
しかし、妊娠という特殊な状態での素人判断のダイエットは危険です。
もし、ダイエットをしなければならなくなった場合は、医師や助産師と相談しながら実施してください。
医師や助産師からは、ダイエットのポイントを教えていただけますので、それを上手に活用しながら実施してみてください。

妊娠中の便秘による体重増加の対処法;調理の工夫を

まず、妊娠中の体重増加に対応するために欠かせない方法として「毎日の調理の工夫」があげられます。
妊娠中は、何を食べても太りやすい時期ですから味付けはとても重要です。
特に、塩分を控えた食事を心がけることは、妊婦さんの体重増加だけでなく様々なトラブルを回避してくれる第一歩です。
また、酢やレモン汁、スパイス、だし、香味野菜などの活用や、煮る、焼くなどの調理のしかたを少し変えるなど油を使用しなくてもできる方法もあり、おいしくてカロリーオフとなる食事ができます。

妊娠中の便秘による体重増加の対処法;和食中心にする

和食の場合は、洋食や中華料理に比べてカロリーが低く健康的な食事と言われています。
また、比較的品数も多いのでゆっくり食べるようになり、ダイエットにもなる理想的な食事と言えます。
パスタやピザなどを食べたい方もいらっしゃると思いますが、ここは赤ちゃんのために「基本は和食」とすることをおススメします。

妊娠中の便秘による体重増加の対処法;おからの活用のススメ

おからは食物繊維が豊富で低カロリーです。
便秘の解消にも役立つ優秀な食材です。
おからを使ったサラダや、ハンバーグに入れたりと今ではおからを用いたレシピも充実しています。
この栄養も豊富で低カロリーのおからを上手に利用することをおススメします。

妊娠中の便秘による体重増加の対処法;食事の時間や順番に気を付ける

妊婦さんの健康的な生活のために、基本中の基本は「規則正しい生活」です。
その中で、食事の時間は大切となってきます。
もちろん、妊婦さん個人によってライフスタイルが違いますので、自分のライフスタイルに合わせた「決まった時間に三度の食事をしっかりとる」リズムを作ってみてください。
これをする事で、内臓機能にリズムがつき活性化されます。
そして、食事をとる順番として「1.野菜を食べる、2.肉や魚を食べる、3.ご飯などの糖質を食べる。」を実施すると、太りにくい体質になると言われていますのでぜひお試しください。
ちなみに、夜8時以降は食べない努力も必要です。

妊娠中の便秘による体重増加の対処法;おやつの工夫

しかし、妊娠中はお腹がすいてしかたがない場合もありますね。
その時は、食事の代わりになるようなものか、噛む回数が増えて満腹感を感じやすいおやつを選んでみてください。
たとえば、

  • 寒天を使ったデザート(フルーツ寒天、ミルク寒天など)
  • おからクッキー
  • おにぎり
  • 干し芋やふかし芋
  • 昆布や小魚、スルメ
  • ところてん
  • 果物やナッツ類
  • トマト

などはおススメです。
これらは、食物繊維なども豊富なので便秘解消にも一役買ってくれます。

妊娠中の便秘による体重増加の対処法;食事ノートを付ける

食べたものの記録をつけるというと大変そうな感じがしますが、栄養バランスや全体的な食事量を把握するために簡単に食事内容を記録する程度で実施すると長続きします。
このノートには、1日3食分の食事の内容やおやつなどをすべて記録します。
今では、ノート以外にも「体重管理アプリ」などが出ていて簡単にできるようになりました。
これらを利用することにより、体重が急激に増えてしまった時など原因が分かるようになりますのでぜひ実施してみてください。

妊娠中の便秘による体重増加の対処法;友人の食事の体験談をご紹介

ここで、わたしの友人の「便秘による体重増加対処法」をご紹介いたします。

(32歳A子さんの体験)
第1子の時、妊娠中期になって食欲が増してきてまた便秘も伴い体重が増えて困ってしまいました。
お医者さんからもイエローカードが・・・
そこで、調理法を「焼く・炒める」から「蒸す・茹でる」に変えてみました。
これは、油を抑えるためです。
そして、イモ類や野菜をその調理法で作り、できるだけ食べるようにしました。その結果でしょうか、お通じがよくなり体重の増加の割合が減ってきたのです。
もっとも、医院では和食を奨められました。
私は、和食作りは苦手でしたが、簡単レシピを教えてもらいできるだけとるように心がけたのでその結果もあると思います。
しかし、油断すると本当にすくすくと太るものですね。
今2番目がほしいと考えています。
便通にも体重増加にも日頃から気をつけたいと思います。

妊娠中の便秘による体重増加の対処法:あまりにもひどい場合は医療機関に相談も?

もし「ひどい便秘が伴う体重増加」を感じたら、早めにかかりつけの産婦人科医に相談してください。
そこでは、妊婦さんの便秘の状態に応じた治療をしてくれます。

妊娠中の便秘による体重増加の対処法:薬による改善

妊娠中のひどい便秘を治す方法のひとつに「薬」があります。
もし、薬で治したいとの思いがある場合は、お腹の赤ちゃんの影響も考え、必ずかかりつけの医療機関にご相談ください。
ここでは、よく用いられる代表的な薬2種類をご紹介いたします。

妊娠中の便秘対策:多い処方は「酸化マグネシウム」系の薬です

妊娠中の便秘にかかりつけの産婦人科医が処方してくれることが多い薬に「酸化マグネシウム」系の薬があります。
マグミットやマグラックスなどが代表的な薬です。
酸化マグネシウムは作用がおだやかで赤ちゃんに影響が少なく、便の水分量を増やして腸のぜん動運動を起こりやすくする薬でよく使用されます。
しかし、長期間服用すると「高マグネシウム血症」になる可能性がありますので注意が必要です。

妊娠中の便秘対策:漢方薬は?

「漢方薬ならば、妊娠中も安心」と思われる方もいらっしゃるかと思います。
しかし、漢方薬の中にも子宮を収縮させる作用のあるものがあります。
その代表的なものが「大黄(だいおう)」と「センナ」です。
産婦人科では、漢方薬を希望される妊婦さんには大黄(だいおう)やセンナが入っていない、ご自身の体調に合わせたものを処方してくれると思います。

しかし、これらの薬は「便秘にならない」ための薬ではありません。
なんといっても、便秘を根本的に治すには自然な排便が起こるように腸内環境を整えることが大切です。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法:食事以外にできることは?

妊娠中の便秘による体重増加を防ぐには、食事以外に「体重のチェック」「運動」「ツボ押し」「サプリ」「お茶」「生活上で予防」で改善が期待できます。
ここでは、これらについて具体的にまとめてみました。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法;毎日体重のチェックを

毎日、体重を把握しておくことは、現実を見つめるうえで大切です。
毎日体重を計り、「これ以上太ってはいけない!」と思えば、それが抑止力となり、食事に注意を払うようになります。
体重は、なるべく毎日同じ時間、同じタイミング(食前、入浴後など)で計るようにしましょう。
そして、食事ノートに記入することで、より食事と体重の変化がわかりやすくなると思います。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法;できる範囲で運動を。

妊娠前は色々な運動をしていたという妊婦さんでも、妊娠してからも今までどおり運動するとういのは大変ですね。
しかし、基本的に妊娠の経過が良好な場合は、できるだけ積極的に運動をしましょう。
お仕事をされている方は動く機会がありますが、家庭にいる場合は意外と動かないものです。
運動をすることにより、便秘による体重増加を予防できるだけでなく、妊娠中に起きやすいマイナートラブルを予防し出産のための体力や筋力をつけることができます。

そこで、ここでは、特に便秘による体重増加に効果が期待できる運動として、ウォーキング、マタニティヨガ、マタニティスイミング、ストレッチや体操などをご紹介いたします。

妊娠中の反り腰からくる便秘解消法:ウォーキングで調整を

体調が良ければ、ウォーキングは気分転換にもなる良い運動です。
運動で汗をかくことがなくなると、体内に有害な毒素を排出しにくくなります。
お腹が張りを心配される方もいらっしゃると思いますが、医師から特に運動を止められているのでない場合は積極的に実施してみましょう。
また、ウォーキングは有酸素運動ですから脂肪燃焼にも役立ちます。
そして下半身の筋肉が鍛えられ、便秘を解消しより安定した出産に導いてくれます。

妊娠中の反り腰からくる便秘解消法:マタニティヨガ

腹式呼吸は、深い呼吸をすることで、運動の効果だけでなくリラックス効果も期待できます。
マタニティヨガは、産婦人科でも教室を開催して実施しているところが増えており、また、独自のスタジオ等もあります。
もし、近くにない場合はDVDなども出ていますので、興味のあるかたは利用して実施するのもよいかもしれません。

妊娠中の反り腰からくる便秘解消法:マタニティスイミング

水の中での運動は、循環器にも関節にも負担をかけることなく、エネルギー消費の高い運動が出来ます。
水の中を歩くだけや、水中で体操をしたりとプログラムは充実しています。
ご自身の体調に合わせて実施すると効果的と思います。

妊娠中の反り腰からくる便秘解消法:腹筋を鍛えるストレッチ

腹筋を鍛えることで大腸の働きを促し、便秘の予防や解消につながります。
この方法は、比較的お腹に負担のかからないストレッチです。
しかし、お腹の張りを感じたときは中止してください。

  1. 仰向けになり、両膝を折り曲げて両手で抱えます。
  2. 息を吐きながら両手で両足をひきつけ、上半身を起こします。
  3. お腹に負担のかからない状態で5回深呼吸を繰り返します。
  4. 息を吸いながら上半身を戻し、全身をリラックスさせます。

妊娠中の反り腰からくる便秘解消法:腰まわし

これは、股関節の動きをスムーズにする体操です。

  1. 足を肩幅に開いて立ち、腰に手をおきます。
  2. フラフープをまわすイメージで、左右回しやすいほうに5回ゆっくりまわします。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法;効果的なツボ

便秘による体重増加が分かった時は、先に述べましたように食事や運動に注意して便秘解消と体重のコントロールをすることがまず第一歩です。
そこに、ツボ押しを実施すると、より効果が期待できます。
ここでは、妊婦さんの便秘による体重増加に効果のあるツボについてご紹介いたします。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法;合谷(ごうごく)

合谷(ごうこく)は、人差し指の骨と親指の骨が合わさっている「へこみ部分」にあります。
簡単にいうと親指の付け根です。
万能のツボと呼ばれ、いろいろな効果の上がるツボです。
大腸の調子を整えてくれて、便秘にも効果的です。
このツボは、痛いぐらい押すと逆効果なので気持ちよくマッサージする感じで押します。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法;支溝(しこう)

手の甲と手首の境から指3本分離れ、指4本目の位置にあるツボです。
「便秘の名穴」と呼ばれ、便秘・痔に効果があります。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法;間使(かんし)

手のひらと手首の境から指4本離れた、ちょうど親指の位置にあるツボです。
ここは、特に腸のぜんどう運動を活発にしてくれるので即効性も期待できます。

ワンポイント豆知識
ちなみに、手のひらにある感情線と知能線の一帯をマッサージすることも便秘解消に効果があると言われています。
手には便秘解消のツボがいろいろありますので、場所がわからなくなったら手全体をマッサージするとよいかもしれません。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法;サプリを使っての解消は?

妊娠中は、サプリの使用は遠慮しがちですが、中には妊娠中でも安心して使用できるものがあります。
ここでは、特に便秘による体重増加に効果があると言われる3つのサプリをご紹介いたします。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法;酵素のサプリ

酵素は妊娠中の栄養補給はもちろん、代謝を助けさらには便秘の対策にもつながります。酵素にはは体の中の食物を消化する補助をします。
妊娠初期のころの食後の胸のむかつきを押さえたり、お腹が大きくなって、胃や腸が圧迫されて上手く消化が出来ない時でも消化を助けてくれます。
また、腸は、酵素を摂ることによって消化機能を活性化しますので、便秘の改善が期待できます。
また、酵素にはデトックス効果もあり、肥満状態に陥らないような体質になることも期待できます。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法;オリゴ糖のサプリ

オリゴ糖は母乳に含まれている成分で、生まれたばかりの赤ちゃんにも与えることのできるものです。
これは、胃で消化されにくく腸まで届いて善玉菌(ビフィズス菌)のエサになります。
ですから、特に、ビフィズス菌と一緒に摂取することで、腸内の悪玉菌を減らして善玉菌の働きを良くすることができます。
今では、オリゴ糖単独でスーパーなどでも販売されています。
これを甘味料としていろいろな料理にも使用している方もいらっしゃいます。
でも、サプリメントで摂取する方が手軽と言えるでしょう。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法;乳酸菌のサプリ

乳酸菌は腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす効果があるといわれていて、腸の中からぜん動運動が起こりやすくなるように働きかけてくれます。
そのため、妊娠中の弛緩性便秘にとても効果的だといわれています。
乳酸菌は種類によって働きや性質が異なりますが、特に「ガセリ菌」や「ラブレ菌」は便秘に効果のあるプロバイオティクスの乳酸菌です。

しかし、サプリには多くの種類があり様々な成分が入っています。
ですから、サプリを活用する場合は、まずご自身の便秘がどのようなものなのかをチェックして医師や薬剤師と相談して決めると安心です。
そして、活用する場合は「用法容量」を守ってください。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法;効果的なお茶は?

妊娠中は、何かと食事や飲み物に制限がありますので、体調管理にお茶一つ選ぶにしても気を使いますね。
そこで、ここでは妊婦さんにやさしい「便秘による体重増加に効果のあるお茶」を選んでみました。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法;ルイボスティーは?

ルイボスティーは、健康に良いお茶としてご存じの方も多いと思います。
このお茶は、人間の体に必要不可欠なミネラルが多く含まれており、特にカルシウム・亜鉛・ナトリウム・マグネシウム・カリウム・鉄・マンガン・リンなどが人間の体液に近い比率でバランス良く含まれています。
また、腸内環境を正常化して悪玉菌を排出させる作用もあるので、便秘解消だけでなく腸内から免疫力をアップして、お母さんと赤ちゃんの健康を守るメリットもあります。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法;杜仲茶は?

杜仲茶も、健康茶として根強い人気があります。
このお茶には、鉄分や亜鉛、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルのほか、ビタミン類や抗酸化成分なども含まれています。
また、メタボに効果があるお茶としても有名で、内臓脂肪が溜まりすぎるのを防いでくれる効果もあり、あまり体を動かせない妊婦さんの体重管理にはもってこいのお茶です。
また、カフェインレスなので妊娠中のお母さんと赤ちゃんにはやさしいお茶ともいえるでしょう。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法;タンポポ茶は?

タンポポ茶は、体を温める効果があります。
古くからヨーロッパなどでは健康食として、中国では漢方薬として用いられています。
タンポポの根をコーヒーのように焙煎してある為、香りも良く飲みやすいのが特徴です。
このお茶には、不足しがちな鉄分やカルシウムが豊富に含まれており、植物の根に多くみられるイヌリンという糖質の一種は、便秘解消、高血圧、糖尿病などに良いとされています。
そして、妊娠中の太り過ぎを予防するダイエット効果もある期待できるので、体重管理にぴったりのお茶と言えます。

ワンポイント知識
妊娠期は、できるだけ体を冷やさないためにも、温かいお茶として摂取しましょう。
暖かいお茶は、妊婦さんの体だけでなく心のストレス解消にも繋がります。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法;生活上の注意点は?

妊婦さんでも、仕事だけでなく、家庭においては家事等でお忙しい時間を過ごさなければなりませんね。
妊娠中の便秘による体重増加を生活の上で予防するためには「体の保温」「ストレスをためない」「休養のしかた」がポイントとなります。
ここでは、この3つについてご紹介いたします。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法:体を保温しよう

体の冷えは、便秘を始めとしていろいろなマイナートラブルを妊婦さんにもたらします。
そのため、保温をすることが大切となります。
「頭寒足熱」と言いますが、特に、腹部から下半身にかけては上手に服装の調節をして冷えを遠ざけましょう。
また、冷房等、身の回りの生活環境に対応する対策も大切となります。

妊娠中の便秘による体重増加の予防法:ストレス解消と休養を。

人間は、心配事があったり忙しくて心のゆとりがない時、お腹の調子が狂うことが多くあります。
これは、脳が不安や精神的圧迫などのストレスを受けると、自律神経を介してストレスが胃や腸に伝わり、胃腸の運動異常を引き起こし、腹痛や便通異常が発症するためです。
また、下痢や便秘などの腸の不調が自律神経を介して脳にストレスを与えます。
このように、脳と腸の間には深いつながりがあるのです。

ですから、もしストレスを感じたら、横になったりするなど体を休ませましょう。
また、瞑想をしたり、好きな音楽を聴いたり、アロマオイルを焚いたりして、気持ちを落ち着かせることも効果があります。
ちなみに、アロマを実施する場合は、レモンやグレープフルーツといった柑橘系のアロマをおススメします。
また、日常的に、自分が一番リラックスできる方法(ex運動、友人とのおしゃべり、外気浴、何もしない日をつくるなど)好きなことを意識的に作ることも効果があります。

まとめ

妊婦さんの便秘による体重増加は、本人にとってとても苦しいものです。
ですから、日頃からお通じの様子をチェックしておくことが大切です。
そして、運動・食事、休養を上手に工夫して「便秘解消と良好な体重増加」を目指していきましょう。
オススメ記事→【後悔しない】妊婦の便秘解消法|妊娠中オリゴ糖サプリがおすすめな理由を飲むのも手です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

それほど先ではない将来に母親になりたいと言うなら…。

妊婦の便秘は運動で解消する!健康美人のママになりましょう!

妊婦さんにお届けの豆知識|妊娠中の大敵【便秘】をストレッチで解消!

NO IMAGE

普段の食事内容を継続していっても…。

NO IMAGE

薬局とかインターネットショップ経由で入手できる腸内環境改善サプリを…。

NO IMAGE

オリゴ糖サプリを選択する際の要点としては…。