妊婦が便秘になったら病院へ行くべき??

普段の自分なら飲んでしまう風邪薬も妊娠中となると話は別ですよね。一人だけの体じゃないのが妊娠。私を大事にすることがお腹の赤ちゃんを大事にすることなんです。

妊娠すると体調がガラリと変わり戸惑うことも少なくありません。特につわり中の大変さといったらないですよね!

やっと落ち着いたつわりの後に便秘になり悩みのタネはつきませんね…。便秘も普段ならお薬や、食事で解消できても妊娠中は歯が立たない事が多いです。

便秘が続くとつらいですよね。たかが便秘で病院へ行くべきなのか…?と迷っているあなた。病院に行くタイミングと妊娠中に飲んでもいい便秘薬などを

ご紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

妊娠中ってみんな便秘になるの?

妊娠すると黄体ホルモンがたくさん出ます。このホルモンは筋肉の収縮を抑える働きがあり子宮が収縮しないようにするためだと考えられています。

他の筋肉にも作用するため腸の動きも阻害されて便秘になりやすい状態になります。

何日出なかったら便秘なの??

便秘って人それぞれですよね。ある人は毎日2回でないとお腹が苦しいという人もあれば、3日に一回でスッキリすると言った人もいます。

そもそも便秘ってどこからが便秘なのか…。簡単にまとめてみました。

3日以上出ない時

定義として日本内科学会では3日出ない時は便秘というそうです。国際基準(RomeⅢ)でも週に3回未満の排便であれば便秘としています。

お腹が気持ち悪い

お腹がどよ~んと重たくて気持ち悪い。お腹が張っている。ガスが溜まって苦しいなどなど主に自覚症状がある場合も便秘と診断されます。

まだ何か残っている感じ

排便しても何かまだ出そう…だったり、肛門に残っている感じがする…と言った症状も便秘といえますね。

便秘と疑われる症状

便秘の自覚症状と他に体に何らかの症状も出てくることもあります。

どんなものかリストにまとめてみました。

便が鹿のうんちのようにコロコロ

体内の水分が羊水にまわってしまい水分不足の状態です。便がちゃんと排出されにくい状態。

腰痛

便秘に伴って腰の痛みを訴える方も少なくありありません。生理痛のような痛みがあるようです。ひどい方は立っていられない方も。

硬い便が出る時に肛門に負担をかけることで痔になります。質のいい便は柔らかくバナナのようなので、痔になるということは相当硬い便ということです。。

吐き気

便秘症の方は経験がある方も多いのではないでしょうか。お腹がいっぱいで気持ち悪くなってしまう状態です。便が腸の中で大渋滞を起こしているので食べ物が下におりず

気分が悪くなり吐き気として症状がでます。

便秘で病院に行ってもいいの??

お伝えした状態に当てはまり辛い思いをしているならぜひ産婦人科に受診してください。

妊娠中は運動もままならない状態ですし、便秘でストレスを感じておられるならなおのこと。お腹の赤ちゃんにストレスは良くないですからね。

産婦人科では妊娠中に服用できる便秘薬の処方をしてくださいます。ほとんどの妊婦さんが便秘になっているデータもあり便秘薬を処方されていますので安心してください。

妊娠中に病院から処方される便秘薬

下剤と聞くとぎょっとしますが、いろんな種類があるんですよ!

膨張性、塩類性、刺激性、潤滑性と4タイプに分かれます。

妊娠中に病院から処方されるお薬は効き目が緩やかで赤ちゃんに影響しないとされています。安心して服用してくださいね。

・膨張性下剤  水分を吸収し便のかさを増して排出を促す作用のもの
       (パルコ―ゼ、寒天)

・塩類性下剤  便を柔らかくする作用のもの 
        (マグラックス、マグミット) 

・刺激性下剤  直接腸にはたらきかけて排出を促す作用のもの
        (ラキソベロン)
 
・潤滑性下剤  便を滑りやすくするもの
        (グリセリン浣腸) 

大体このような感じです。妊婦に処方されるのは膨張性、塩類性、刺激性の一部の下剤が処方されます。

マグミットは胃粘膜保護作用もあるので胃の調子が良くない人向きです。

あとラキソベロンですが液体タイプがあり水に数滴垂らして服用する刺激性の下剤になります。

便秘がひどい妊婦さんに処方されることがありますが、すっきりしたいからと言って沢山薬を服用するのはいけません。効果が出すぎて下痢になりやすいお薬なので注意してください。

妊婦さんは注意が必要な下剤

下剤も安易に服用してはいけないのが妊婦さんです。腸が活発になりすぎると子宮を刺激し収縮すると危険!早産や流産のリスクが高くなります。

下痢になると流産するといった話を耳にしたことはありませんか?絶対とはいいませんが、あながち間違ったことでは無いのです。

市販の便秘薬は刺激性下剤の部類に入り、腸を活発に動かす作用のある薬なので妊婦さんには不向きです。

浣腸なんてもってのほか!!妊娠中は安易に市販薬を服用しないようにしてくださいね。

まとめ

妊婦さんの大半が悩む便秘。食事も食物繊維の多い食事にしたり、水分を多くとったり、動けるようなら少しだけ近所をお散歩するのも効果的です。

それでも難しい場合は産婦人科医に相談です。あなたの体は大切な赤ちゃんを預かってるベッドのようなもの。安易に市販薬を服用してしまわないように、

お腹の赤ちゃんが少しでも快適に過ごせるようにしてあげてください。
妊婦さんが妊娠中に飲めるオリゴ糖サプリの便秘解消法まとめ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【恥ずかしくて言えない】妊婦が便秘で痔!?妊娠中に家でできる対処法

妊婦が便秘でいきむのはダメ?赤ちゃんや母体への影響を詳しく解説!

妊娠中の便秘は腹痛になりやすい?

妊婦さんのお腹の張りは便秘?それとも病気?その対処法はこれだ!

【対処法】赤ちゃんは大丈夫!?妊婦さんの便秘による出血【改善法】

妊婦さんの便秘対策方法のまとめ