妊婦さんにお届けの豆知識|妊娠中の【便秘からくる吐き気】の撃退法

妊婦さんが便秘になることは、どなたにも経験があるようですが、その便秘に吐き気が伴う場合は、また違った意味があると思います。
そして、「意外とつらい」と言われる妊婦さんも多いです。

妊娠初期の吐き気は、つわりなのか便秘によるものなのかわからない場合もありますが、どちらにしても、妊婦さんにとっては、好ましくはないでしょう。

そこで、今回は、「妊娠中の便秘による吐き気とその効果的な対策」についてまとめてみました。

妊娠中の便秘の原因にはどんなものがあるの?

妊娠中の体は、妊娠の時期によって違いがありますが、ホルモンの影響や、大きくなるお腹の影響で、便秘になりやすい状態になります。

具体的に「各期に起こりやすい便秘の原因」を簡単にまとめると、

妊娠初期は、
「ホルモンの影響とつわりによる水分不足」によるものが代表的です。
妊娠をするとプロゲステロンというホルモンの働きが強くなり、流産などが起こらないようにしていますが、このホルモンは、腸の蠕動運動を抑える働きもあるため、便秘になりやすくなります。

この時期には、つわりが酷くなることが多く、食事のバランスが崩れたり、量が必要なほど摂れなくなります。
そのために、便の量が減って排便がしにくくなります。

次に妊娠中期~後期にかけては、
「子宮が腸を圧迫する」ために起こりやすいです。
これは、赤ちゃんの成長とともに、子宮が大きくなり、腸を圧迫するためです。そのため腸の蠕動運動が妨げられるので便秘になりやすくなります。

さらに、妊娠後期にはお腹が大きくなるに伴い、運動量が減少してしまうため、便秘が悪化してしまうこともあります。

便秘と吐き気の関係:実はこんな要因も

しかし、このような原因以外にも、腸で発生し、たまったガスが胃を圧迫することで、食欲不振や吐き気や胸やけがおこり、それがひどくなると、胃酸が逆流する「逆流性食道炎」が起きる場合があります。

また、妊娠全体での原因として「ストレス」が挙げられます。
特に、初めて妊娠された方は、体調不良や出産への不安で、ストレスを感じやすくなっています。
実は、腸は脳に次いで神経細胞の多い臓器のため、「ストレス」を多く感じ取るため、腸の働きが鈍くなると便秘につながり、それがひどくなると吐き気につながるのです。

妊娠中の便秘の症状は?

妊娠中の便秘が続くと、腹痛やお尻の不快感だけでなく、その他の様々な症状を引き起こします。
その代表的なものを上げますと、
腹痛、吐き気、頭痛、下痢、肌荒れ、冷え症、痔、などがあります。
特に、吐き気は、妊婦さん本人にとって、体力も使うつらいものとなっています。

妊娠中の便秘と吐き気の関係は?

実は、吐き気が出てきた場合は注意が必要なのです。
便秘は、個人差はありますが、4~5日以上溜まってしまうとつらい状態になると思います。
人間の体は、3日間以上便が腸内に便が溜まると、便が腐敗しはじめ、インドールやスカトールという腐敗ガスを発生させます。
このガスが、腸内に充満し腸を圧迫すると、腹痛や腹部膨張、腰痛、背中の痛みなどを引き起こす原因となります。
そして、食べたものが腸へ流れて行かなくなり、食欲不振や吐き気が起こります。

また、人間の体は、体内に老廃物がたまり過ぎても便として出ない場合は、「吐く」ことで、老廃物を排出しようとします。
そのため、便秘になると、ムカムカしたり吐き気として現れるのです。
また、腸に便が溜まっていると、胃の働きが低下して、消化吸収が悪くなります。
そのため、胃炎や胃もたれになり吐き気を催すこともあります。

ですから、便秘で吐き気を感じた時は、便秘の症状が悪化していると思われます。そのような場合は、早急に便秘を解消する必要があります。

便秘で吐き気が出た場合の妊婦さんの体に対する影響は?

妊娠をしたことで便秘になって辛い思いをしたという声をよく聞きます。
慢性的な便秘でなかなか排便できず、ともするとお腹に力を入れたくなりますが、その事が流産や早産となる危険性もあるので注意が必要です。

特に、妊娠初期の頃は、子宮の状態や赤ちゃんも未熟です。
当然、流産のリスクが非常に高いので、便秘には十分注意する必要があります。

その他、吐き気がある便秘の妊婦さんに及ぼす影響としては、

  • 疲れやすくなる
  • 肌が荒れやすい
  • 代謝が落ちて太りやすい
  • むくみやすい
  • アレルギーにかかりやすい
  • 肩こり、頭痛、腰痛
  • 不安定な精神状態

などがあります。

妊娠中の便秘による吐き気の対処法はあります:

便秘による吐き気は、身体が毒物から自分を守ろうとする反応です。
これは、便秘が何日も続いていると腸の中が便でつまり、新しく入ってきた食べ物が腸におりていかないために、人の体を守る為の働きが「吐く」という行為につながります。
ここでは、この便秘による吐き気がある時の対処法を具体的にご紹介いたします。

妊娠中の便秘による吐き気は、がまんしないでください。

私達の体は、便秘になると、体自体が「もうゴミをためておけない!」というサインがでて、吐く事で体をラクにしようとします。

という事は、「吐く行為」は体を守るための対策と言えます。

ですから、もし、吐きそうになった場合は、吐いてしまった方が楽になるので我慢せずに吐いてしまいましょう。

実際、嘔吐することは、かなり辛い行為ですが、とにかく体に溜まった食物や消化しきれていないものを出してしまうことが第一歩です。

ですから、身体にかかる負担を軽減するためにも、我慢せずに吐いてしまうことが大切なのです。

妊娠中の便秘による吐き気に効く対処法:ツボ押しで改善

それでは、便秘による吐き気に効く対処法の一つとして、「ツボ押し」をご紹介いたします。
便秘に効くツボはいろいろありますが、ここでは、妊婦さんが簡単にできるところを2つ選んでみました。

内関(ないかん)

このツボは、腸の運動を押し出す効果があり、おならが出やすくなり、有害ガスを排出してくれます。
さらに吐き気止めの効果もあるため、便秘と吐き気に悩む人にはおすすめです。

内関の場所とやり方は?
内関は、手首から指3本分下に位置します。
このツボを親指でぎゅう~っと30秒ほど押し続けます。
※30秒終わったらもう片方のツボも刺激します。

内関効果は、
吐き気・胃痛・乗り物酔い・食欲不振・お腹の張りなど、消化器系の不調に効果があります。
また、ストレス・イライラなど、精神的な面でも良い影響があります。
英語圏でも同様に、吐き気に効果があるとされており、海外の妊娠系のサイトでも、内関が紹介されています。

おまけ

何回も何回も指で押すのが面倒なら、「ツボ押しリストバンド」の活用もオススメです。
妊婦さんのつわり対策として開発されたもので、内側にある固い突起により、内関の継続的な刺激が可能となっています。

足の三里(あしのさんり)

この足の三里は、万能ツボと言われ、内関同様に、吐き気・嘔吐・膨満感・腹痛・下痢・胃の機能低下・倦怠感・精神不安定など、多くの症状に対応できる万能ツボと言われています。

足の三里(あしのさんり)の場所とやり方は
足の三里の位置は、膝の外側で、お皿の下から指4本分ほど下がった部分にあります。
また、膝を曲げると膝の骨の少し下にくぼみがありますが、そこが足の三里です。

足の三里(あしのさんり)の押し方

押し方は特に決まりはありません。
普通のツボ押しと一緒で、グーッと圧をかけてください。
親指でも、ツボに中指の腹が当たるように人差し指・中指・薬指の3本で押しても良いです。
また、何か物を使って押しても効果があるでしょう

妊婦さんは、日に日にお腹が大きくなってきますので、足の三里に届かなくなった場合は、夫やパートナー等に押してもらってはいかがでしょうか。
妊娠をより理解してもらえるし、絆がより深まり、妊婦さんの精神的安定にもつながりますよ。

便秘薬の使用はお医者さんと相談してください。

どうしても便秘や吐き気がつらい場合、ともすると便秘薬に頼ろうとしがちですが、妊娠中は絶対にしないでください。

市販の便秘薬は、効果が非常に強いため、妊婦さんが使用すると流産のリスクが高くなるので禁忌となっています。

どうしても便秘薬を使用したい場合、検診の時などにかかりつけの産婦人科医に相談して、自分の体にあった便秘薬を処方してもらいましょう。

妊婦の便秘からくる吐き気を抑える食事のしかたは?

ひどい便秘の時に、食べ物を食べると、消化に負担がかかります。
そのため、「排泄」のためのエネルギーが奪われてしまい、便秘が悪化するという悪循環になる場合があります。

そこで、便が出るまで「食事の制限」をすることで効果がでる場合があります。
とは言っても、まったく「食事をしない」という事ではありません。

ポイントは、いつもより食事量を減らしたうえで、鉄分やミネラルが含まれた栄養価の高い飲み物や、消化のいい食品、水分と食物繊維が同時に取れる果物や生野菜を食べることで、腸を刺激して便を排出しやすくするのです。

妊娠中の便秘の吐き気に即効性のある食品は?

まず、「便秘と吐き気に効く食品」を摂取します。
この食品には、代表的なものとして2つあります。

妊娠中の便秘の吐き気に即効性のある食品:梅干し

まずは梅干しです。
梅干しはクエン酸が多量に含まれており、このクエン酸を摂取することで
腸内環境が整い、さらにその酸っぱさが腸に良い刺激となり、腸が活発になります。
さらに梅干しは吐き気を取り除いてくれる効果もあるのです。
※梅干しは1日1粒を目安に食べてみると効果的でしょう。

妊娠中の便秘の吐き気に即効性のある食品:りんご

次にりんごです。
りんごには水溶性食物繊維が含まれており、便秘に効果的です。
またりんごに含まれるペクチンは吐き気を取り除いてくれます。
ですから、便秘と吐き気がおきた場合には、りんごを積極的に食べてみてください。
もし、固形のものが苦しくて食べれないならばりんごジュースでもOKです。
むしろ、こちらの方が摂りやすいかもしれませんね。

妊娠中の便秘の吐き気に即効性のある食品:デトックスウォーター

便秘による吐き気に効果のある食品として、「デトックスウォーター」は海外でも人気の飲み物です。

作り方は、炭酸水(または水)にカットフルーツ(いちご、キウイフルーツ、グレープフルーツなど)入れ3~24時間程置いたら完成です。

見た目もきれいで、食欲が増します。
また、カットしたフルーツの栄養素が水に溶けだすので効率的に摂ることができます。
季節のフルーツを使って楽しんでみてはいかがでしょうか。

妊娠中の便秘の吐き気に即効性のある食品:>オリーブオイル

オリーブオイルは、硬くなった便を柔らかくする効果があります。
1週間以上蓄積してカチカチに硬くなってしまった便でも、柔らかく排泄しやすい状態にしてくれます。
実は、オリーブオイルは、紀元前から「自然の下剤」として知られていました。
適量の油は腸の働きを活性化してくれるのです。

イタリアでは現在でも、子供の便秘予防にティースプーン1杯のオリーブオイルを飲ませているそうです。

日本でも、エキストラバージンオリーブオイルなどいろいろなオリーブオイルが出回っていますので、お好みのオイルを選んでみてください。。

使い方としては、「生のまま摂取する」「ドレッシングにする」「そのまま飲む」などいろいろです。
量は、スプーン1杯程度が目安です。

妊娠中の便秘の吐き気に即効性のある食品:杜仲茶

杜仲茶は、黒い色中国茶です。
このお茶は、特に妊婦さんなどの下剤や便秘薬に頼りたくない方に人気があります。
杜仲茶の便秘への効果は、2つあり、
まず杜仲茶に含まれる「ゲニポシド酸」です。

このゲニポシド酸は、自律神経を刺激する働きがあり、鈍った腸を活発にさせることで、便を押し出す蠕動運動を活発にさせ、自然な排便作用を促します。

次に「ピノレジノールやジグルコサイド」です。

このピノレジノールやジグルコサイドは、血管を拡張させる働きがあり、血液の流れを良くすることで新陳代謝を促します。
これにより代謝が向上して、消化吸収がスムーズに行われ、便秘に対して効果が得られます。
またデトックス効果もあるため、老廃物を排出して便秘解消につながります。

杜仲茶には、副作用はありません。
よく「目覚めの一杯」として飲むと、腸が反応して、排便が促進されるでしょう。

妊娠中の便秘の吐き気に即効性のある食品:どくだみ茶

次に「どくだみ茶」ですが、これは、ノンカフェインですので、妊婦さんも安心して飲むことができます。
しかし、市販のどくだみ茶の中には、カフェインの入った他のお茶と混合されている場合もあります。
それは、どくだみ茶は少し癖のある味のため、他のお茶と混ぜて飲みやすくするためのようです。
ですから、妊婦さんが飲む場合は、成分表示をよくチェックしてください。
ただ、飲みすぎは危険でので、説明書をよく読んで、その範囲内で飲むようにしてください。

妊娠中の便秘の吐き気に即効性のある食品:ハーブティ

ハーブティのなかでも、「たんぽぽ茶」は、ノンカフェインの人気のあるお茶です。
これには、鉄分やビタミンB2などの成分が豊富に含まれており、妊婦さんにもお腹の中の赤ちゃんにも優しい飲み物です。
たんぽぽの根に含まれている「イヌリン」という糖質の一種には、便秘解消の効果があり、また、女性ホルモンのバランスから自律神経を整える効果もあるので、妊娠中のストレス対策にもよいです。

妊娠中の便秘の吐き気に即効性のある食品:ジンジャーティー

生姜はすっきりとした後味で、吐き気や胃もたれにも効果があるといわれています。
また、身体を温めて、代謝をアップさせてくれる効果もあるので妊娠中の冷え症にも効果が期待できます。

妊娠中の便秘の吐き気の解消法:運動は効果があります

妊娠中は、体の変化などでどうしても運動不足になりがちです。
しかし、妊娠中だからこそ、意識して体を動かすことが、妊娠中の様々なトラブルを回避することにつながります。
そこで、ここでは、便秘に伴う吐き気を予防したり、軽減したりすることが期待できる運動である「マタニティヨガ」についてまとめました。

妊娠中の便秘の吐き気の解消法:マタニティヨガを実践してみよう

マタニティヨガは、妊婦さんの心と身体をサポートし、体調を整えるのに役立つ体操です。

妊婦さんのために開発されたヨガのため、身体に大きな負担をかけず、運動不足や便秘解消に効果があります。

マタニティヨガを実施する場合は、かかりつけの産婦人科医に許可を得て実践してください。
妊娠経過が順調なら、安定期からできます。

マタニティヨガの内容は、一般的なヨガと同様です。
呼吸、ストレッチ及びイメージトレーニングの3要素からできています。
しかし、内容は同じでも、マタニティヨガの場合は、通常のヨガに比べてゆっくりとしたスローテンポで行います。
そのため、お腹の赤ちゃんへの影響や妊婦さんの体調に配慮されたヨガと言えます。

妊娠中の便秘の吐き気の解消法:効果のあるポーズは?

ここでは、特に、便秘解消に効果的なポーズをご紹介します。

1.ねじりのポーズ
  1. まず両足を肩幅より少し広めに開き、直立します。
  2. 次に両腕を左右に大きく伸ばし、顔を横に向けます。
  3. 横に向けた顔と同じ方向に身体を大きく、そしてゆっくりとねじります。
  4. 息を吐きながらゆっくりとねじることがポイントです。

反対方向も同じように行います。

2.割座のポーズ

ヨガの中でも有名なポーズの一つで、かなり、便秘解消に効果があります。

  1. まず、女の子座りをします。
  2. そしてそのまま無理のない可能な範囲で、背中を床につけるように後ろに身体を倒します。
  3. 背中が実際に床につかなくても大丈夫です。
  4. 出来る範囲で倒しましょう。あまり倒せない場合は、背中に枕やクッションを敷くなどしてみてください。

このポーズは、慣れないうちは大変苦しいかもしれません。
焦らず、ゆっくりと呼吸しながら行ってください。

3.腰回し

腰回しは、いつでも、どこでもできます。

  1. 両足を少し開いて直立し、両手を腰に当てます。
  2. そしておしりを突き出すような形で、大きくゆっくりと腰を回していきます。

その際、腰の位置を意識しながら回すことがポイントです。
右回りと左回り、両方行なってください。

4.スクワット

スクワットもいつでも、どこでもできます。

  1. 両足を肩幅より広く開いて直立します。
  2. 腰を両足の間に落としていき合掌します。
  3. 背筋はピンと伸ばしたままにしておきましょう。
  4. 合掌した肘で膝を押して、外側にグーッと開きます。

ここに挙げたのは、ほんの一部です。
マタニティヨガをすると、全身の血液の循環がよくなり、腸の蠕動運動が刺激され、自然な形でスムーズな排便を促進されることが期待できます。

それ以外にも、出産に向けた体力作りや、ストレス解消や精神的な安定にも効果的です。
ですから、体調に気を付けながら継続的に実施してみてください。

まとめ

いかがですか。
繰り返しになりますが、妊娠中の便秘による吐き気は「体調不良のSОS」です。
安易に考えると、体調をより悪化させ、胎内の赤ちゃんにも影響が出る場合もあります。
とにかく、便秘に伴う吐き気を感じたら、すぐに対応をしてください。
そして、「予防は最大の防御」です。
食事に気を付け、運動を習慣化して「便秘による吐き気」を予防しましょう。
妊娠中の妊婦向けの便秘解消法はオリゴ糖サプリ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

妊婦の便秘って何日続くとヤバい?疑問にお答えします

妊婦さんのお腹の張りは便秘?それとも病気?その対処法はこれだ!

便秘の妊娠中の妊婦さんが便秘を解消できる食べ物と効果的な食べ方

妊婦が便秘でいきむのはダメ?赤ちゃんや母体への影響を詳しく解説!

妊婦さんは便秘を解消して、すっきりマタニティライフ!

【腰痛改善で便秘改善!?】妊婦さんの腰痛の原因は便秘かも!?