妊娠中の便秘は腹痛になりやすい?

オススメの記事はこちら→妊婦の便秘解消法|妊娠中オリゴ糖サプリがおすすめな理由

妊娠中は便秘が原因での腹痛になりやすいと言われています。
しかし妊娠中の腹痛は、子宮収縮の腹痛や切迫流産の腹痛など便秘だけが原因ではないこともあるので注意が必要です。
腹痛が起きた時その痛みの原因が便秘なのか、それともその他の心配な腹痛なのかを見極めることが重要です。
この記事では、それぞれの腹痛の特徴や原因などをまとめてみました。

便秘以外の腹痛の原因を知ろう

妊娠中の腹痛には便秘だけでなく、妊娠中ならではの原因があります。
それぞれの痛みには特徴があるため、腹痛になった時にその痛みの原因が何なのかを見極められるようにしましょう。
切迫流産の痛みなど急を要する腹痛もあるため、まずは知ることが大切です。

妊娠したことによる腹痛

妊娠したことにより、子宮が大きくなる準備を始めます。
子宮の周りの筋肉や子宮を支えている腱などが少しずつ動き始めるので、その影響で痛みや違和感を感じることがあります。
痛みの特徴としては

  • 下腹部が外に広がるような痛み
  • お腹全体が引っ張られるような痛み
  • 生理痛に似た痛み
  • キュッとした軽い痛み

しばらく横になったりして安静にしていて改善されるようなら問題はありません。

子宮収縮による腹痛

子宮が収縮すると縮まって硬くなるので、お腹が張る=お腹が硬くなるのです。
何かをきっかけにギュウっと硬くなるので、張っている時と張っていない時の違いが分かるようになってくると思います。
子宮が収縮することによって、子宮を絞られるような痛みを感じることがあります。
子宮収縮は生理現象なので痛みがある場合やお腹が張っている場合には、座ったり横になって休むことで子宮の筋肉の緊張が解かれ自然に再び柔らかいお腹に戻っていきます。
しかし、あまりにもお腹が張る回数が多い場合には切迫早産や切迫流産の危険もあるため、一度病院で診てもらうほうが良いでしょう。

靭帯が伸びることによる腹痛

妊娠中期によく起こる痛みの原因が、靭帯が伸びることによる腹痛です。
子宮を支えている靭帯が伸びるスピードが子宮が大きくなるスピードについていけずに引っ張られることで起こる痛みです。
この痛みは靭帯が伸びることによって徐々に軽減されるのでそれほど心配いらない痛みでもあります。
いずれ痛みはなくなるでしょう。

流産による腹痛

妊娠初期に起こる腹痛として最も心配な痛みが流産による腹痛です。
特に妊娠12週までは流産が起こりやすい時期なので、安易に腹痛と考えず流産を疑うことも大切です。
流産による腹痛の特徴としては

  • 締め付けられるような痛みがある
  • 継続して痛みがある
  • 下腹部にズキズキと強い痛みがある
  • 出血がある
  • 体温が下がっている
  • 頭痛がする

流産の場合、必ず出血があります。
少量であったり、茶色いおりもの程度の出血でも子宮で何か異常が起きている可能性もあります。
このような症状が出たら自己判断せずに、すぐに病院へ行きましょう。

便秘による腹痛の原因は?

お腹が痛くなって心配で病院へ行ったら原因が便秘だったという話は、よくある話です。
腹痛の中でも心配な流産が原因の腹痛と便秘の腹痛の大きな違いは出血しているかどうかにあります。
しかし、便秘が原因でも痔によって出血する場合もあるので、心配な場合は自己判断せずなるべく早めに受診しましょう。

便秘の腹痛の特徴は

  • キリキリした痛み
  • 突然の激痛ではなく継続的な鈍痛
  • ガスが溜まって膨らんでいるような違和感
  • 痛みよりも張っている感が強い

妊娠中は痛みに対して敏感になっているため、普段の便秘よりも痛みを感じる人が多いということもありますが、それだけではなく妊娠中の便秘ならではの原因が大きく分けて3つあります。

1.ホルモンバランスの変化により便が硬くなる

妊娠すると増えるプロゲステロンという女性ホルモンが胃や腸の筋肉を緩める性質があるため便が排出しにくくなったり、子宮内に水分を集めようと働くため腸内の水分不足になり便が硬くなってしまいます。
便が硬くなることにより踏ん張った時に腹痛を起こすのです。

2.骨盤が歪む

お腹が大きくなってくることにより骨盤が歪むような姿勢をしてしまうことにより、骨盤が下がってしまいます。
骨盤が下がることにより、骨盤に支えられていた小腸や大腸も下がり圧迫されてしまうため便が溜まりやすくなってしまいます。
そして、赤ちゃんが大きくなっていくことによりさらに大腸が圧迫されるので腹痛が酷くなってしまうのです。

3.ガスが溜まりやすい

便が溜まっていると発酵されたガスが発生します。それが自然に外に排出されれば問題ないのですが、妊娠中は大腸が圧迫されることで便と同じようにガスも排出しにくくなっているためガスが溜まりやすくなってしまいます。
ガスがお腹の中でどんどん溜まると張りも強くなってくるため痛みが強くなってきます。

妊娠中の便秘による腹痛解消方法

妊娠中は気軽に便秘薬やガス抜きのための薬を服用できません。
しかし妊娠中の腹痛は不安にもなり、ストレスが赤ちゃんにとっても良くないので早めに対処をして解消することが良いでしょう。

1.まずは腸内環境を整える

まずは根本的に便が溜まりにくい腸内環境を整えることが大切です。
毎日の食事で腸内環境を整える効果のある水溶性食物繊維や発酵食品オリゴ糖などを上手に取り入れ便の溜まりにくい環境を整えましょう。
別記事(便秘を解消して、すっきりマタニティライフ!)で詳しく説明をしているので参考にしてください。

2.お腹のマッサージ

便秘による腹痛の場合お腹をゆっくりマッサージすることが効果的です。
特に効果的で簡単に自分でできるマッサージが「のの字マッサージ」です。

  1. まず仰向けに横になる
  2. お腹の中心から「の」の字を書くようにマッサージをします
  3. 5分ほど続けてみましょう

排便の時に踏ん張りながらこのマッサージをすると痛みが和らぎます。
腹部が温まり腸が動き出すので腸が痙攣をおこしている時や便秘による腹痛に効果的なマッサージです。

ガス抜き体操

お腹に溜まったガスを抜きやすくするための体操です。

  1. 仰向けに寝転びます
  2. 片足を抱え込むように持ちます
  3. そのまま大きく深呼吸を10回ほどします
  4. 反対の足に変えて同じく深呼吸をします
  5. 左右交互に3セットほど行いましょう

お風呂上りに行うとより効果的です。
この体操をすると早いと10分ほどでガスが抜けます。
ガスがなかなか出ない場合は、空いている時間に継続的に行いましょう。

まとめ

妊娠中の腹痛はさほど心配のない痛みからすぐに受診したほうがいい痛みまで様々です。しかしそれでなくても体の変化や精神的に不安やストレスが多い妊娠中ですので痛みはないに越したことはありません。
子宮収縮の痛みなどは自分で防ぐことはできませんが、便秘による腹痛は自分で改善することが出来る痛みです。まず根本的に便秘にならない体つくりを心がけ少しでも腹痛の不安を減らせるようにしましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

妊婦が便秘でいきむのはダメ?赤ちゃんや母体への影響を詳しく解説!

便秘の妊娠中の妊婦さんが便秘を解消できる食べ物と効果的な食べ方

【恥ずかしくて言えない】妊婦が便秘で痔!?妊娠中に家でできる対処法

【腰痛改善で便秘改善!?】妊婦さんの腰痛の原因は便秘かも!?

妊婦さんは便秘を解消して、すっきりマタニティライフ!

妊婦が便秘すると下痢する理由と妊娠中でもできる対策!